瑕疵(かし)保険について

瑕疵(かし)とは、『ある物に対して一般的に備わっていて当然の機能がない。あるべき品質や性能が欠如していること。』を指します。

リフォームかし保険登録事業者証

リフォームかし保険登録事業者証

住宅の新築物件には、ずいぶん前から「瑕疵担保責任」が義務づけされていますが、リフォーム工事の「瑕疵(かし)保険」の加入は任意となっています。

当社では、業界に先駆けて、リフォームの「瑕疵担保責任保険」へ加入しました。鳥取県のリフォーム業者では、鳥取市の業者に次いで二番目の加入だそうです。

建築工事は、完成してから後で思いがけない問題(瑕疵)が発生した場合に補修が確実に行えるように加入する保険です。この保険を使うには、新築時の時のように厳しい検査が何度もあります。

私たちのような小さな業者は、想定外の「瑕疵」が見つかっても保証することが困難となります。
しかし、お客様の立場を考えると保険を使ってでも修復するべきだと考えています。お客様に安心をお届けするための「お守り」です。

お引き渡しまでに不都合が発生すれば、業者として責任がかかってきます。しかし、引き渡し後5年とか10年過ぎてから発生した瑕疵に、誰が保証してくれるのでしょうか?どこかのホーローメーカーさんのように「使い方が悪いから保証できません」なんてこと言われたらショックだけではすみませんよね。

数年後には、100万円以上のリフォームには「瑕疵保証保険加入」が義務づけられるようになります。お客様を守るための素晴らしい保険があるのに使わない手はない!ということで、当社はリフォームにも「瑕疵(かし)担保責任保険」をご利用頂けます。
ただし、昭和56年以前の建物だった場合や、部分的な条件もありますので、詳しくはご相談下さいませ。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る