【誕生物語9】戦うぞ!?

誕生物語

突発性の「高血圧症」になり、いつひっくり返ってもおかしくない状態でしたが、労働基準監督署からのススメもあって、弁護士の無料相談所へ行き相談してみると、「これなら、100%あなたの勝利です!」と言われ、光が見えてきたような気がしたところで、「この案件はひかえさせてもらいたい!」と。

「???どうしたのですか?」
「いやぁ・・・」と口ごもる弁護士。。
「どうしたんですか?」と再度質問。

「ん~実は、この社長とは親戚先になるんだよ。親戚との争いは避けたいので、この相談は無かったことに・・・」

「?????」開いた口がふさがらない。

弁護士って、争いの中間的な立場であるのでは?100%あなたの勝利って言ったじゃない!しばらく、そんな会話が続きましたが、これじゃあどうしようもないね!と、その弁護士を見限り、次の弁護士を見つけることにしました。

 
庶民である私には、「弁護士」などと言われる方の付き合いは全くありません。ひらめいたのは、新聞などニュースで活躍しておられる「T」弁護士。早速連絡をし、米子市内にあるT弁護士事務所を訪ね、そこで、ふたたび説明を・・・。

そこでも、同じように100%あなたの勝利!と。ついては、裁判に提出するための資料を作成して!と言われ、裁判で戦えることになりました!

 
裁判の準備のための作業をしていると、あっという間に時間が過ぎて、事務所を去るのにあと二日と迫ってきていました。この二日間で、何を、どのように整理して、どのような資料を探しておかねばならないのか??入社以来、どのような仕事をして、どのような立場で、どのような・・・。それはそれは、膨大な資料を作成しなければなりません。

そして、アイツとの関係も詳しく文書にしなければなりません。自分の机やロッカーを探し、参考になると思われる資料探しが始まります。会社の組織図、当時の辞令、理由無き解雇通告書等々。あっという間に二日間が過ぎ、とうとう事務所には入れなくなりました。重要な資料を持ち出せば、こちらの身が危なくなります。

 
突然のクビに対抗するには、裁判で勝利するのみ!と、たくさんの陳述書を書き上げていました。正当な理由もなく、いきなり「クビだ!」と言ってきたアイツらと真っ向勝負だ!と、孤軍奮闘している最中に、状況を聞いた業者さん達から日に何本も携帯電話がかかってきます。「どうしたんですか?」「なんですか?」「様子を聞かせてください!」などと、次から次へと。

そして、ある業者さんが事の大きさを聞きつけて電話をくれました。
「様子を教えてください!」
「コレコレで・・今、裁判で戦う準備をしているところだよ!」

「そりゃあマズイよ!やめときな!」

またもや、はぁ!?です。

このコラムは、2010年に代表 矢田がブログにて掲載していたものを、新たに編集して連載しています。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る