ベッドが壊れたのですが・・・

高校生の男の子がいる米子市河岡の「K様」から、「窓を開けようとベッドに立ったらボキン!と壊れました・・そんな小さな事でもやってもらえますか?」とお電話がありました。
「全然平気です!」「いくらでも修理しますよ!」

行ってみると、確かに・・これじゃあ使えませんね!(真ん中あたりに縦に伸びるひび割れ)
ベッドの修復

早速、頃合いの木材を捜し、大工さんに加工してもらいました。加工するには半日近くはかかります。そして、塗装屋さんにクリア塗装をかけてもらいます。下地を塗って、乾いてから仕上げのつや出しで、やはり半日はかかります。
ベッドの修復

できあがりました!
節のないきれいな素材で出来上がり、早速お届けです!!

おいくらですか?
「3,000円です」
えっ?
「いや、三千円なんですが・・」

確かに、職人さんの日当が¥20,000とすると、半日で一万円になります。また、私が行ったり来たりすることで発生するガソリン代や時間あたりの賃金を換算すると・・・はっきり言って儲かりません。職人さんの半日×2名分+材料代と私の費用=2万円以上も出せば新品のベッドが購入できますよね!

私どもでは困っておられるお客様には臨機応変なお付き合いをさせて戴いております。(だからいつまでたっても儲からないんですね(笑))どんな小さな事でも「お気軽に」声をかけてくださいね!

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る