床下のニオイとカビを取ります!

先般潜った床下。それは、それは大変なカビで覆われていました。
床下がカビで覆われてると、健康にも影響が考えられるから恐ろしいことです。
そこで、今朝から床下へ「炭」を敷設する作業に取りかかります。

縁側にはおびただしいほどの「炭」の量。これで、約20坪分。
湿気・カビ対策の炭

和室の座板をはぐり、床下へ敷設です。やはり、カビのニオイは相当なもの。赤ちゃんや、気管支の弱い人には大変!そこで、特許を取った「炭」を床下一面に敷設します。そうすることで、約2週間もあればカビ臭は綺麗さっぱりです。実は、この炭はタダの炭ではありません。半永久的に効果が持続するからオドロキです!

同等品はいくらでもあります。例えば、竹を焼いて作った炭とか。その構造から、湿気は吸うが放出されにくいので竹炭にカビが生えることがあります。だから、年に一度は引っ張り出して「天日干し」が必要だになるのです。(到底不可能な作業だ!)

もう一つは、産業廃棄物を焼いて作られた炭。
こいつが、とても厄介で・・・。住宅に使われていた木材を使うので、昔使われた猛毒の「クロルデン」「有機リン系」などの薬剤残留物で「ヒ素」が含まれていることが判明しました。それが、製品に表示されていないのです。恐ろしい!

この度敷設する「炭」は特許を取った安全な炭。文化庁の建造物などにも多く使用されています。
頼山陽記念館、成田山新勝寺、日光東照宮にも使われています。この安全な炭を今回の床下に敷設したのです。湿気やカビでお困りの方は、お気軽にご相談下さいね。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る