塗り壁の上に合板をはってステキに変身

30年ほど前に新築された和室の塗り壁は、おがくずを塗り固めたような「じゅらく壁」でした。
年数が経過すると、手が当たる部分などがぼろぼろ落ちて剥げてきます。また、掃除機の吸い込み口が当たる部分も剥げて下地が見えて白くなっています。

お孫さんができたお宅から、「何かいい方法はありませんか?」とのご相談です。
塗り壁には、釘を打つことが困難ですし、抜いた跡の処理も大変です。「孫ちゃんが大きくなるまで臨時の手当を!」と言うことで、塗り壁の上に合板を貼ることにしました。

塗り壁に合板 塗り壁に合板

壁の部分には1本も釘を使っていません。周囲に額縁を回して押さえてあります。
フィニッシュネイルと呼ばれる針のような小さな釘を打ち込みます。

塗り壁に合板

額縁を外すと合板は綺麗にはぐことが出来ます。お孫さんが大きくなったら、再び塗り壁を塗り直すこともできるのです。これで、遠慮無く落書きもOKです。塗り壁の経過で困っているかたは、ぜひ、ご相談下さい。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る