コンクリートとモルタルの補修方法

築35年が経過するマンション。海岸に近いためか?劣化が激しいコンクリートの建築物です。

クラックがひどく、海岸沿いであることから、割れに染み込む海水が原因で鉄筋にサビや柱のコンクリートに「爆裂」が発生すれば、大変なことになります。

20161028_1

近年、様々な場所で、橋脚やトンネルのコンクリートが爆裂して、倒壊には至らなくても強度が不足する事案が発生しています。

20161028_2

よく確認すれば、柱に仕上げてあるモルタル(砂+セメント)がボロボロと剥がれて来ています。

こういった劣化に対する補修方法は、ボーイング787に使われている「炭素繊維」や「アラミド繊維」などがあります。

近年、素晴らしい素材がでてきているので安心ですね。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る