(有)ナイスさんいん

鳥取県米子市を拠点とした住宅リフォーム会社です。リフォームのことやリフォーム業界の裏話のコラム、施工事例も豊富に掲載しています。リフォームに失敗しないためにお役立て下さい。

”ふうすい”と”風水”の巻

投稿日:2009/02/13 更新日:

米子市内のN様のお宅から
「膝が悪くなったので腰掛け便器にしたいのですが・・」
早速行ってみると、列車に使用してあるような、段差のついた兼用便器でした。

「リフォームするとどれくらいかかります?」
「えーと、便器が20万円、段差を無くす改装費が数万円・・」

「もっと安く出来ませんか?ここ、借家なんです」
「じゃあ、既存の便器にかぶせるカタチのものがあるんですが。それでしたら10万円もあれば、おしりを洗う機能もついていますし・・」
「じゃあそれにして下さい」

数日後、商品が届いたので早速取り付けました。所要時間およそ2時間。
N様 「こんなに簡単につくのですか?もっと早く頼めば良かった!」
と、とても感謝されて気持ちよく帰りました。

翌日、N様からお怒りの電話。
「お宅に取り替えてもらったら、便所が臭くて使えないわ!」

早速飛んで行ってみると。
「どーゆーこと!いい加減な工事してるんじゃないの!」

床面がタイルで仕上げてあるトイレには、排水口があります。
「奥様、”ふうすい”が切れてます。だから臭うんです。」

「あなたのところは風水のリフォームやってるんでしょ!」
「風水は、時間がたてば切れるなんて聞いたことがないわ!」
怒りが頂点に達するようなお小言・・・

「あのー”風水”じゃなくて、封水なんです・・・。」

床の排水口は、水洗いしたとき流すためにあります。下水のニオイが上がらないように、わずかに水を貯めて防ぐ「トラップ」と呼ぶ排水金具なのです。

「そう言えば、最近掃除機ばかりで、水を流して掃除していなかったわ」

そうなんです。ときどきコップ1杯程度は水を入れておかないと、水分が乾燥して、配管から下水のニオイが上がってくるのです。
その後、お怒りの電話は全くありません。めでたしめでたし!

-現場で出くわした話

Copyright© (有)ナイスさんいん ☆ 2002-2017 All Rights Reserved.