バルコニーの裏側に要注意!(雨漏り事例)

バルコニーの雨漏り補修工事を始めたところ・・・。
びっくりするほどヒドイ状態になってました!

バルコニーの左コーナー部分(カバーあり雨漏り止め)
バルコニーの雨漏り修繕

コーナー部のカバーをはずしてみたところ。
バルコニーの雨漏り修繕

前日まで雨降り、多少の水滴があるものの多量の雨は黒の鉄板下には、入らないはずなんですが・・・。手すりのカバーを外すとネジに腐食(右側)があり、2本の柱は同じ太さのはずが右側は太い?
バルコニーの雨漏り修繕
ここのネジ部分がおかしい?何故、ネジが腐食し、柱が太い?

ネジをはずし手すりを取ると水は満タン!
バルコニーの雨漏り修繕
この水溜り状態の柱が数本もあります。

柱を取り外し、その下は防水テープ、さらにネジ穴。
バルコニーの雨漏り修繕
テープが薄くボロボロで、ネジを伝わって雨水が入っていました。

雨が降らなくても数日かけて、バルコニーの壁にゆっくり雨水が浸透していたのです。天候のいい日、知らないう内にバルコニーが壊れていったのです。上のネジ部分から入った水でアルミの下の板に腐れが出来ています。
バルコニーの雨漏り修繕
この板部分は、全て取り替えです。バルコニー全体では、想像より腐れ方は少なかったものの、部分補修が必要です。

バルコニーの裏側が黒ずんでいたり、シミがないか注意して見てみて下さい。皆さん要注意ですョ。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る