(有)ナイスさんいん

鳥取県米子市を拠点とした住宅リフォーム会社です。リフォームのことやリフォーム業界の裏話のコラム、施工事例も豊富に掲載しています。リフォームに失敗しないためにお役立て下さい。

ホーローキッチンのサビ

投稿日:2009/02/16 更新日:

新しい内はとても綺麗で掃除も簡単なホーローキッチンですが、山陰地方は湿気が多いので手入れを怠ると・・・こんな恐ろしいことに!


ホーローキッチン最大の敵は『サビ』です。

ご覧のように、蝶番やフレームなどの違った素材が使われる部分にサビが発生しています。違う素材をネジやリベットで止めてあると歪みが発生したり、その僅かな隙間にゴミなど異物が入ったりしてのサビが原因と思われます。


ホーロー製品の折り曲げてある部分はモノが当たり、欠けやすくもっとも危険な部分です。

貴方の家でも欠けているホーロー鍋があるはず・・・。それと同じ現象が発生します。
キッチンには鍋などの金属やビン類などの出し入れが頻繁ですね!うっかり当てたりすると、このような状態になりがちです。


扉の裏側です。ゴムパッキンの隙間に入った液体(醤油など)から発生することが多く見受けられます。扉もパッキンも表面は掃除できるのですが、隙間を開いてまでは、なかなか掃除が行き届かない・・・。

上記のような状態にメーカーさんは『手入れが悪いからだ』と言われます。ごもっともですm(_ _)m(米子市崎津にて)

ついでに・・・ステンレスについても。

ガス器具のまわりです。
油汚れのひどいガス器具まわりの掃除をするのは面倒ですよね、ところが・・・ステンレスは錆びるのです!もらい錆びと言って栓抜きだとか魚焼き網などのサビが付着するとどんどん広がっていきます。

ホーローキッチンの錆
ホーロー製品は表面の加工はみごとに施してあります。しかし、扉の内部は空洞です。

鉄板の裏側は簡単な釉薬だけ、釉薬の薄いカド部分や取っ手など違った部品を取り付けた部分、表板と裏板や側板と背板の接続にはビスで止めてあります。

ビスを締め付けるときに釉薬が剥がれることがあります。そんな部分からサビが発生しやすく、表面にサビが見えたら取り返しがつきません。再利用不能な産業廃棄物処理費用として、数万円かかります。

ホーロー製品はホルムアルデヒドを発散することがありません。最近の住宅事情には向いている商品ですね。確かに表面の汚れは拭き取りやすいのですが、機密性の高くなった現在の住宅での結露(キッチン内部)、扉裏の結露から発生するサビや、手入れを怠った時のサビ・・そんなことがおこらないよう、毎日のお手入れは欠かせませんね。

もしも掃除が面倒なら

ナイスさんいんでは、お宅のキッチンをプロの技術で!の『キッチンまるごとクリーニング』を賜っております。

-あなたの家もひょっとして?

Copyright© (有)ナイスさんいん ☆ 2002-2017 All Rights Reserved.