(有)ナイスさんいん

鳥取県米子市を拠点とした住宅リフォーム会社です。リフォームのことやリフォーム業界の裏話のコラム、施工事例も豊富に掲載しています。リフォームに失敗しないためにお役立て下さい。

床下が危ない!

投稿日:2009/02/27 更新日:

米子市河岡、築7年 M 様の住宅で。
2年前に床下へ「防湿マット」を敷いてもらったんですが、今年は特に「カビ臭い!」と言われ、床下へ潜ってみると・・・和室から座板をめくった途端、それはひどい「カビ臭」でした。
土間に敷いてあるシートをめくると、そこには・・・。

表面の白い部分に人造の繊維質吸湿剤が貼り合わせてあります。シートは湿気を含んだままで、水浸しの毛布を持ち上げるように重たいものでした。

裏側に銀紙が貼り付けてあるシートの防湿マット

地面の白くなっている部分がカビです。

地面の白い部分、銀紙に白く付着しているのがカビです。

これもカビ・・・

シート幅1メートルごとの継ぎ目にできたカビ。

土間のほぼ全体にカビが発生していました。

このシートは湿気を含んだまま発散がほとんどなく、地面から出てくる湿気は銀紙で遮断されシートのすき間から集中して床下へあがる湿気!床下では、カビのニオイと空気中に含まれる湿気とで悲惨な状態でした。この他、床下換気扇を3カ所取り付けてなんと45万円だったそうです。

ご注意!
湿気は1度とれば無くなるものではありません。大気中には毎日発生しています。

恐ろしさを実感して戴けたでしょうか?
床下へ、防水ビニールシートを敷き込む事も同じような危険性があります。この商品を販売するのにどのような話がなされたのでしょうか?「永久的に」とか、湿気を全く寄せ付けないような会話がなされているとしたら、大きな問題です。

関連記事⇒床下換気扇の恐ろしさ

-あなたの家もひょっとして?

Copyright© (有)ナイスさんいん ☆ 2002-2017 All Rights Reserved.