床下湿気とシロアリ被害の現実と対処方法

田舎の方へ行くと、別棟に納屋のあるお宅が多いです。その納屋に増築された部屋のリフォーム現場からです。

畳をはぐって見ると・・・床板は、腐れてブヨブヨ状態でした。この原因は、床下の湿気とシロアリです。

上を歩いていて、ズボッと抜けました。幸い、床下が15cmほどしかなかったので、ケガをすることもありませんでした。

シロアリは人目につかないようにトンネルを作って往来します。

20160920_3

その威力はすさまじいもので、建物の格好はしていますが、土台は腐れて、役目を成していません。土台を外して、新しい土台を挿入する作業も行います。

これだけ腐ってしまった原因は、床下のスペースが少なかったことと換気穴が無かったことです。そのために、床下の地面を15cmほど掘り下げました。そして、基礎に穴を貫通させます。

このままではネズミ・昆虫類などの小動物が入り込んでしまうので、ステンレスの金網を貼り付けます。ここから、さらに湿気対策、シロアリ対策をしていきます。

人畜には「無害」な、ホウ酸で駆除・予防をしておきます。ホウ酸消毒は、半永久的に効果が期待できるのです。

シロアリ予防の「ホウ素」

そして、床下の湿気を半永久的に「調湿」してくれる床下専用の木炭を敷設します。

当社では、廃材に含まれる『残留ヒ素』が人体の健康に影響があると言われているので、建築廃材を使用した調湿炭は使いません。床下の湿気対策に特許製品「建築カーボン」をお薦めしています。

竹炭の効能

床下対策をしっかり行った上で、フローリングも美しく仕上げ完成!

床下環境は見えない部分ですが、見えない部分こそ、しっかりとした対策が必要です。しっかりとした対策を行っておけば、長く快適に過ごせますよね。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る