床下が・・・

安来市のA様宅で、床板がバネのようにたわむ・・と言われ、撤去してみました。

床板を支える根太(ねだ)45mm×45mmの寸法が届かず継いでありました。そのため、壁際はクッションのようにへこむ状態ででした。
床板リフォーム

そのうえ、根太を支える大引きの間隔が通常(約90cm)より広く135cmありました。
そのために床板が、ぶよん・ぶよーん!
床板リフォーム

さらに極めつけ!
2階廊下の床板です。1階天井裏にある梁が短く、天秤となり床板を突き上げていました。どうして端の柱まで梁を延ばさなかったのでしょう?通常根太の大きさは45mm×51mmから60mm×60mmを使用します。

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る