中古住宅は、現状のまま、お買い求め下さい。

近年、中古住宅のリフォームが多くなっています。

当社お客様が、中古住宅が欲しくて物件を探しているということで、現在工事中の現場に同行することになりました。そこは、米子市内のある不動産業者さんが、中古住宅をリフォームして販売される物件ということで絶賛工事中の現場でした。よそ様の工事を拝見する機会は、滅多に・・・というかほとんどありませんから興味津津です。

早速、1番気になる水周り部分から。脱衣室・浴室があった場所の土台は、水漏れで腐食し、シロアリ被害のため原形をとどめていません・・・。台所の増築された柱からは、屋根裏の「梁」に向かってシロアリ被害も見受けられました。それを取り替えるでもなく、次々と合板やボードで貼っていってました。場所的に、非常に環境の良い場所ですから、すぐに購入希望者は現れるでしょう。

しかし!私から見れば、臭いものにフタをするような仕上げ方で、とんでもない業者!
根本的な解決をしていないので、きっと10年もしないうちに、シロアリ被害が出てくると思います。シロアリが出てきたらどうするんでしょうか?梁が白アリ被害を受けているということは、脆くなっているということでもあります。地震が起きたらどうなるのでしょうか?

最近では、リフォーム済みの中古住宅が、数多く販売されています。
テレビでも、リノベーションとか言って、新築より割安でありながら、新築と同じぐらいキレイで最新設備が揃ってる等のうたい文句も並んでいます。

お客様は、仕上がった綺麗な表面しか見ることが出来ません。1番大事な家の土台部分の根本的対策をせずに、上辺だけを美しく着飾った家で安心・安全な暮らしが守れるのでしょうか?長くリフォーム業界にいる身としては、これは、一種の「詐欺行為」だと断言したい!

中古住宅リフォームは、お客様と一緒になって、間取りから構造から仕上げ材から取り組むものです。全ての不動産業者が、このような仕事ぶりとは言いませんが、見ない部分の大切さを知ってほしいと願うところであります。

作る楽しみ、変わっていく楽しみを一緒に味わいませんか?
中古住宅は、現状のまま、お買い求め下さい。
購入前から相談頂ければ、私どものネットワークから一緒にお探しします。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る