システムキッチンは、ステンレスカウンターがオススメ!

ショールームへ行くと、とても綺麗なキッチンが並んでいます。ショールームレディーさん達は、こぞって「人造大理石」のカウンターを推奨します。

最近では、シンク(水槽部)も一体型のカウンターが増えていますが、実は・・・一体型の水槽は、鍋や食器類、包丁などキズがつきやすいというデメリットがあります。

システムキッチンの天板に人造大理石も多く使われており、見た目にはとても美しく、「高温可能でキズが付きにくい」等と特徴を言われますが、所詮、プラスティック系なので金属の硬さとは比較できません。

人造大理石は、お料理をせずに、そのままだったらいつまでも綺麗ですが、そういうわけにはいかず、常に『よごれ』と立ち向かっています。

お手入れを怠っていると、ある日突然、ヒビ割れが!

20161107_1

写真のように、ここまでバックリ割れるようなケースは滅多にないですが、こういったことは人造大理石の天板に起こることです。

ヒビがはいってしまうと、そこから水漏れが起こりますし、油などの汚れから簡単に黄ばんできます。人造大理石の場合は、このような事も考えておかねばなりません。

その点、ステンレスカウンターなら少々ゴシゴシやれば、たいていの汚れを取ることが可能です!

弊社では、デザインが優先でなければ、メンテナンスしやすいステンレスカウンターを推奨しています。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る