(有)ナイスさんいん

鳥取県米子市を拠点とした住宅リフォーム会社です。リフォームのことやリフォーム業界の裏話のコラム、施工事例も豊富に掲載しています。リフォームに失敗しないためにお役立て下さい。

故意的!?欠陥リフォーム編

投稿日:2009/02/14 更新日:

システムバスに取り替えたいお客様での出来事でした。
いつものように、関係する部分を撤去したところ・・・大変な事実が発覚しました。

3年ほど前(鳥取県西部地震の後)、下水道の切替えに伴い、地元の水道工事店で洗面所とトイレをリフォームされました。もともと洗面所の窓は筋交いを避けた小さな窓でした。明るさを求められた業者は、お客様のご要望に応えるため窓を新しく設置したようですが・・・

なんと!あろうことか・・・

赤い点線↓が本来のあるべき姿だったのですが・・・無惨にも切断されて補強はされていませんでした。これでは地震で被害が及びます。

↓下が拡大写真です。

いくらお客様の要望とは言え・・・地震の揺れには大切な「筋交い(すじかい)」です。それもW(ダブル)で入っている場所を・・です!

この南面の壁はほとんどが窓で、筋交いを入れる壁が10mの長さのうち2.5スパン(約2.5m)しかありませんでした。そのうちの1.5mに入っているW筋交いをダメにしてしまったのです。残る1mで、10mの壁面を支えなければいけなかったのです。

とても重要な筋交いでした。切断した後の補強は全くありません。
私どもでは特許の耐震工法を駆使して
☆窓も大きく
☆地震にも強く
明るい洗面脱衣室を確保しました。

みなさんのご家庭で筋交いを切断するような事例を見かけたら、どのような地震対策をされるか業者へ質問して見て下さい。

リフォーム経験の少ない水道業者では大切な事の理解が欠けているかも知れませんね!工事費用が安いから・・・と安易な工事発注は危険です!

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

-見てはいけなかった前の業者の仕事ぶり

Copyright© (有)ナイスさんいん ☆ 2002-2017 All Rights Reserved.