床下換気扇2 床下換気扇の恐ろしさ!

またしても、無意味な床下換気扇の報告です!

事例1

フラッシュ撮影したので根太間の隙間が明るくなっています。通常、根太間には板や同寸の材料で埋めます。
無意味な床下換気扇

光っているのは外部の明かりです。(懐中電灯光で撮影)
ものすごい勢いで風が入ってきます。(ネズミやイタチも入ります)
無意味な床下換気扇

米子市永江T様宅の床下現場です。
床下収納庫を開いたらものすごい風が吹き上げてきました。通常、床下換気扇というのはは、床下でよどむ空気(湿気)を外部へ引き出す役目ですよね。しかし、在来工法では隙間はたくさんあります。よって、床下換気扇を取り付けても、近くにある隙間の空気を吸って吐くだけです。換気扇の役目を果たしていません。

事例2

逆に床下の環境を悪くした事例です!
脱衣室の換気扇上部に隙間あり(懐中電灯の光で撮影)
無意味な床下換気扇

隙間の空気ばかりを排気するため、環境が悪くなり地面にカビ発生。
無意味な床下換気扇

その結果、水がにじんでいた浴室入り口の下が乾燥する間もなく腐食、シロアリ発生したものと思います。
無意味な床下換気扇

この写真をご覧になって、「近所だから文句も言いにくいわ!」「すぐ撤去して下さい!」とのことで、結果、リフォームを余儀なくされました。数十万円をかけた意味がありません。

それにしても床下に端材・残材がたくさん残っていました。お客様に見えない場所だからと、廃材を残していったのでしょうが、お客様の立場に立てば、気持ち良いものではありませんよね。当社では、必ず床下を掃除してから床板を貼ります。

この現場は、昭和の時代に建てられた在来工法の住宅です。平成以降の建物は比較的気密性能が良くなっているので、ここまで悪くなるような事にはならないと思います。また、ここの場合換気扇の設置方法にも問題があると考えられます。

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る