カテゴリー:施工事例

  • 逆転の発想で、見せる洗面台はいかがでしょうか?

    どこのご家庭でも、洗面台の下は「詰め込むだけ」入ってます。 この場所は、あまり開け閉めする場所でもなく、開け閉めしても暗いので奥の壁の状態や台座の部分まで気に留めず、水が漏れていても意外と気づきにくく分かりにくいです。…
  • 大きな物干しスペースにサンルーフを取り付け

    大きな物干しスペースにサンルームを取り付けられませんか?とご相談です。 12~3mの長さがあるため既製品の取り付けは難しそうです。現地で確認と「採寸」してみると、既製品を少しだけ足を短くする事で取付可能が分…
  • 縁側フローリングの貼り増し

    昭和50年代に建てられた物件。平成に入って、縁側をリフォームされました。紫外線などで縁側フローリングの表面がボロボロになり、「なんとかなりませんか?」とご相談です。 高齢のご夫婦がお住いで、「あまりカネを掛けたくな…
  • お引き渡しの前に、完成検査で隅々までチェック!

    リフォーム専門として地元で営業を続けてきたことで、数年前から新築の注文住宅も手がけるようになりました。大変、ありがたいことです。 注文住宅は、完成までに時間を要します。楽しみにして頂いている「お引き渡し」の前に、手…
  • アスベストを含んだスレート瓦を撤去するには難題が山積み

    30年ほど前に新築された現場。屋根にはアスベストを含んだスレート瓦です。 高い耐火性と断熱性により、様々な建築物に広く使われてきたアスベストですが、2006年から段階的に禁止となり、2011年に新たな石綿製品は日本…
  • 吹き抜けの古材がアクセント!建て替えの注文住宅

    建て替えの新築物件が完成しました! 築120年の古民家を解体した時に買い取った、ふと~い『古材(こざい)』をアクセントにした吹き抜けが気持ちの良い広いダイニングキッチンとリビング。 こうした古…
  • 古民家から取りだした『古材』を活用した玄関リフォーム

    昭和50年代に建てられた、市松模様の床板(フローリング)が印象的な玄関です。畳に換算して4枚分ほどの奥行きがあります。 正面の壁には、吊り戸が取り付けられています。窓は、膝のあたりまである大きなものです。通…
  • 間口3.6mの店舗の建て替え

    米子市は、豊臣時代(1600年頃)に栄えた18万石の城下町でした。 城下町は、間口を広くすると「税金」を高くされるので、間口は狭く奥に長い建物が、肩を並べて長屋状態で建っていました。 その名残が今も残った古い…
  • 昭和な浴室から平成の浴室へ大変身!

    昭和40年代~50年代にかけては、タイル貼りのお風呂のオンパレードでした。 そんな、昭和の浴室。脱衣場もなく、廊下で脱ぎ着です。洗濯機も浴室の中にありました。(私の実家も当時そうでした) 昭和39年、…
  • 雨漏りのシミがある玄関の天井板を、1DAYリフォーム!

    玄関の天井板に、雨漏りのシミが・・・。 まずは、雨漏りの原因を止めなければ。屋根に登って調べみると、屋根瓦が、右と左が直角に交わる「谷」と呼ばれる部位に親指が入るほどの穴が開いていました。 こ…

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

Twitter(更新情報)

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る