間口3.6mの店舗の建て替え

  • 2016/9/19
  • 更新日:2016/9/4

米子市は、豊臣時代(1600年頃)に栄えた18万石の城下町でした。

城下町は、間口を広くすると「税金」を高くされるので、間口は狭く奥に長い建物が、肩を並べて長屋状態で建っていました。

その名残が今も残った古い商店街の一角に、間口3.6mの店舗があり、この度、建て替えとなりました。

店舗の建て替え

お互いの外壁は、もたれかかっており、解体するのも至難の業。駐車場はないので、離れたところの空き地を借りて・・・。

様々な『制約・基準・法律』などを気にしながら、お客様のこだわりであるレモンイエローの外壁と看板のロゴはそのままにして・・・。

以前のイメージは残したまま、とてもステキに変身しました!

20160919_2

大苦戦の末の完成となり、担当者ともども完成を喜んでいます。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る