水浸しの洗面台周りが・・・

「水が漏れて困っています!」とレスキューです。
洗面台の底は抜け落ちて、ずいぶん以前より漏れていた様子です。
1

壁際からは少しずつ浸みだしているような気配もあり、壁の中の配管から洗面台につないである「止水栓」からも、ちょっぴり濡れています。
2

水漏れしていた洗面台を撤去すると、フローリングはめくれあがり、カビだらけの壁板がでてきました。
3

剥いでみると、壁際の木材は既に「腐葉土」と化していました。
4

原因は、配管からつながる「止水栓」という部品のサビによるものです。
5

20年以上経過すると、このような事になる可能性があります。ここ、淀江町や旧西伯町などは水質が思わしくなく、錆びやすいのが原因のひとつとも考えられます。

修理していると、床下に「雪??」いいえ、違います。カビです。「腐朽菌」の一種なのでしょうか?これも木材を腐らす原因のひとつです。
6

二度とこのようなことにならないよう、二重構造になった部品を使います。(正直言って少し高くなりますが、ここは譲れません。)
7

新しく二階へも洗面台を設置するための分岐をしています。これで、接続部分のサビは無くなります。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る