縁側フローリングの貼り増し

昭和50年代に建てられた物件。平成に入って、縁側をリフォームされました。紫外線などで縁側フローリングの表面がボロボロになり、「なんとかなりませんか?」とご相談です。

高齢のご夫婦がお住いで、「あまりカネを掛けたくないんです!」と言われます。

本来ならフローリングの下地である「根太(ねだ)」まで取り替えたほうが良いのですが、床下に潜ってみたら、取り替えるまでには傷んでなかったので、今回は予算を考えて、現状の上からフローリングを貼り増しをすることにしました。

20161031_2

左上に見えるのは障子は和室に繋がってます。和室との境目に段差がありましたが、貼り増しすることによって段差も少なくなり、結果的にとても喜んでいただきました。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る