逆転の発想で、見せる洗面台はいかがでしょうか?

どこのご家庭でも、洗面台の下は「詰め込むだけ」入ってます。
この場所は、あまり開け閉めする場所でもなく、開け閉めしても暗いので奥の壁の状態や台座の部分まで気に留めず、水が漏れていても意外と気づきにくく分かりにくいです。

で、ある日、気がつけば水漏れから台座の部分が腐ってた・・・(-_-)

なんてことが多々あります。下↓も、そういった状態で底が抜けたまま利用してる状態になると。このまま放置しておくと、床も腐っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洗面台は瀬戸物で出来てる場合も多く、何か硬いものを落とすとヒビ割れを起こします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下↓は、バケツのはいる大きさの水槽。洗濯流しと呼ばれる洗面台です。多くのご家庭で使われています。
20161109_3

扉があるから、何でも詰めちゃう!いっそ、扉なければ「目に付く」から詰め込みようがないし、水が漏れたらすぐわかる!と逆転の発想で、下↓のような洗面台に変身させてみました!
20161109_4

これなら目につきやすいので、きっと美しく保てると思います。いかがでしょうか?

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る