城下町の中古住宅リフォーム

トタン貼りだった外壁。DIYで塗られた色は少し派手だったような。。。

リフォーム前

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後

玄関を入ると・・・50年以上も前に良く使われたアピトンフローリングが使われていました。

リフォーム前

リフォーム前

檜の無垢フローリングを使用。自然の「節」を化粧に表した幅は少し小さめの75mmです。
幅が小さいと強さは増しますが、施工の手間がかかります。

リフォーム後

リフォーム後

畳の床はたわみがあります。「せんい壁」は金粉が手に付いたり、掃除機で剥げたりしています。

リフォーム前

リフォーム前

和室の畳も新しくします。塗り壁も「珪藻土」の塗り壁で、湿気もニオイも気になりません。

リフォーム後

リフォーム後

台所は・・・防火基準がなかった時代のこと、燃えやすいプリント合板が使ってあります。

リフォーム前

リフォーム前

建具も取り替え、キッチンパネルに貼り替えます。明るくなりましたね!

リフォーム後

リフォーム後

境界はビニールの波トタン。風通しも悪く、月日が経過することで醜くなっていました。

リフォーム前

リフォーム前

アルミフェンスは少しスキマのあるタイプ。見た目と通風の良さを配慮しました。

リフォーム後

リフォーム後

腐れて落ちそうだったテラスの床板。スキマが空きささくれでトゲが刺さります。

リフォーム前

リフォーム前

檜の無垢材30mmの厚さのものを使い、美しく仕上げています。

リフォーム後

リフォーム後

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る