中古住宅リフォーム

私たち「床の間」は必要ないんですよ!
「ええっ!」
驚いたのは相談を受けた私たちです。
それもそのはず、20代後半の若いご夫婦と若い「おばあちゃん」と言えば失礼ですが、2世帯住宅にして欲しいとのご希望でした。

工事前の図面です。
緑色で囲んだ8畳の床の間の、床の間を撤去して6畳個室(和室)に改装します。
緑の8畳が6畳に変わることで、青色で囲んだ下の部分の6畳間を、今度は8畳に大きくします??

床の間が無くなったのが分かりますよね!下の6畳が、8畳に大きくなりました。
若いおばあちゃんの6畳間と、8畳間の境目にクローゼットを配置することでプライバシーが確保されます。

書院だった場所はクローゼットにします。女性の部屋にクローゼットは必需品ですよね!このクローゼットは図面の下部にあるリビングのクローゼットを再利用しました。

リフォーム後

リフォーム後

床の間はすべて壁になっているので開口部が必要です。赤枠で囲んである部分を貫通させます。上のクローゼット写真に窓が見えます。

リフォーム前

リフォーム前

間仕切りの襖が、矢印の位置に、敷居も鴨居も移動させます。「そんなこと出来るの?」と不思議そうでした。

リフォーム前

リフォーム前

階段下の押し入れスペースは、ご主人のパソコン類が並びます。パソコンの周辺機器は、たくさんの電源が必要です。カウンターの上にたくさん配置しました。もちろん専用回線を使っています。PC作業中にダウンしたら大変ですから・・・ネ!

リフォーム後

リフォーム後

リフォーム後

リフォーム後

中古住宅+リフォーム

このたびは・・・不動産屋さんからリフォーム済みの中古住宅を購入されました。
シロアリ駆除の保証書も付いていましたが、なんと、床の間を解体したらぞろぞろとシロアリの行列が出てきました。全体に駆除がしてなかったのです。インチキですね!(赤ちゃんがいるのでこれ以上害になる薬品は使いたくない!と)

リフォーム済みの中古住宅を購入されることは、随分と無駄があるような気がしますし、どのような施工方法だったのか疑問も残ります。

中古を購入の際は、リフォーム済みでない物件をお求め下さい!私どもで、ご納得のいく提案をさせて戴きます。中古物件が必要であれば、提携している安心の不動産屋さんを紹介します。

当社では、数十年は効果が持続する人体やペットに安全な「ホウ酸系」のシロアリ駆除剤を他社に先駆け使っています。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る