工場内のトイレリフォーム

とある工場から、大型連休中にトイレのリフォームを依頼されました。
トイレリフォーム

築35年は経過しているとのことで、設備は老朽化して、詰まることもしばしば。金属には、サビも発生していました。タイルの壁もモルタルの壁も、とんでもなく凸凹しています。床はひどいところで7cm。壁はひどいところで3cmの段差が出来るほどの不正確さ。まずは、器具の配管を移動します。
トイレリフォーム

タイルと壁との段差は最大2cm。壁の段差をいかにわかりにくくするか、工夫が必要です。下地を作り直して、水に強く、タイル目地のような継ぎ目がない、掃除のしやすいパネル素材を使いました。
トイレリフォーム

やわらかな質感で仕上げました。

リフォーム後

リフォーム後

自動洗浄とジェットタオルまで備えた素敵なトイレに変身です!
扉の中の便器も節水型ですが、住宅用4.8リットル使えないので6リットルの節水型を採用しました。

リフォーム後

リフォーム後

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る