「Miele(ミーレ)の洗濯機」を1年使ってみた感想

前から欲しかったドイツ製の「Miele(ミーレ)の洗濯機」が我が家にやってきて1年が経とうとしています。(by 代表の矢田家)

Before旧洗濯機 Afterミーレ洗濯機

採用理由は・・・

  • 水が節水できること!(エコですねぇ)
  • 洗剤がコーヒースプーン1杯で済むこと!(エコですねぇ)
  • 生地が傷まないこと!(買い換えまで長いのでエコですねぇ)
  • 使用期間20年を想定できること!(エコですねぇ)

高速回転(毎分1600回転)けた違いの脱水なので、薄地だったらすぐにでも着られるか?っていうくらい。
気になる維持費は?1回の洗濯で使うお水は、およそ47リットル。全自動洗濯機の半分から2/3程度が節約できることになります。電気代は1回あたり10円程度です。(以上カタログ参照)

水平ドラムは、ゆっくり回り生地が上に行ったとき、ラムの下へドサっと落ちます。たたき洗いって言うやり方ですね!国産のななめドラムのスウィングする方法とも違う動き方です。全自動などは生地同士がこすれて汚れを落とすので、生地が傷みやすいと言われていますが、ミーレの場合、生地の痛みをあまり感じることがないです。何より、故障が少なく、長く使えることに安心感があります。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る