米子市K邸 メーカーの標準施工法では保証が出来ない構造の屋根に設置

築年数は20年ほどの新しい建物ですが、メーカーの標準施工法では保証が出来ない構造でした。その上、寄せ棟と言われる屋根は、三角形になるので四角いパネルを搭載するとロスが多くなります。

あるメーカーでは三角形のパネルもありますが、発電効率が半分程度、投資費用を考えると果たして効率と採算が合うかどうか?そこで、変則的な搭載計画をしました。

施工前

施工前

なんと、3.69Kwもの大容量がまかなえるシステムです。

米子市K邸 太陽光発電施工事例

米子市K邸 太陽光発電施工事例

三世代同居の、この現場でも毎月売り電があるほどと言われます。
(何しろ世界最大級の変換効率を誇るメーカーですからねぇ)
構造もやりかえたので、しっかりとメーカー保証も戴けました。

「芸能人は歯が命」
太陽光は発電量が命」ですよ!

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る