忍び寄る太陽光発電の「誘惑」

このところ「太陽光発電」のご相談が続々とはいってきてます。
昨年の震災の影響もあり、いざという時にも役立つ太陽光発電は、どなたも興味を持っておられことがわかります。
実際に、米子市の太陽光発電に対する補助金は、早々に予算が無くなり補正予算待ちの状態となっています。

これだけ世間で太陽光発電が旬となってくると、どこからともなく表れる訪問営業の人たち。そうした人たちはこぞって、「 10年以内に元が取れます・・・」「電気代がタダになります・・・」等のオーバートークを繰り広げているようです。

太陽光発電の各社カタログ

太陽光発電の各社カタログ

写真は国内メーカーのカタログです。これだけでも、半分ほどです。外国のメーカーを加えると、この3倍は流通していると思います。
どのメーカーがよくて、どのメーカーなら採算が取れるのか??とても気になるところです。

いきなりの電話攻撃で、「太陽光発電を取付けませんか?」というような営業電話がありませんでしたか??「我が社の○○メーカーがお薦めです!」などと、1社にこだわる会社は危険ですから避けてください!

 

(ん?なんで??)とギモンを持たれた方は、Good!です。
太陽光発電システムは、決して安い買い物ではありません。また長く使うものでもあります。安易な話にのると、後で後悔することにもなりかねません。

まず、「日本の屋根の40%は搭載できない!」と言われています。
建物が古かったり、搭載できない「瓦」だったり、大きな建物や山の影になったり、植木が邪魔をしていたり、メーカーから保証をもらえない屋根下地材・・・。などなど、様々な状況があります。

だから、電話がかかってきて、ついつい話に乗る。
インターネットで安いものを買う!などは、もってのほかです。
太陽光発電で失敗しないために、賢い消費者となって下さい。

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る