山陰地方は曇りや雪が多いけど、元がとれるほど発電するの?

ここ山陰地方は、曇りや雪が多い地方でもあります。
実際にお客様からも「山陰地方は曇りが多いから・・・」と、ご質問を受けます。

殆どのメーカーのカタログには、予測発電量の日本地図が載っています。

全国各地の年間予測発電電力量

全国各地の年間予測発電電力量

とあるメーカーのカタログを見てみると、
<年間発電量の全国比較>
東京の場合 4,027KW  松江の場合 3,981kw
とあります。

いかがでしょうか?
東京は、山陰地方に比べ、天気の良い日が多い感じがしますが、実は、松江市と比較しても遜色ないことがわかります。
晴天の日が100%だとすると、曇りの日で40~60%程度の発電。
雨の日は10~20%程度発電するので、全く発電しない日はないのです!

でも山陰は雪が降るし、「雪が積もると発電しないでしょ?」 と思っている方も多いと思います。確かに、雪が降りパネルの上に雪が積もった状態のままであったなら発電しません。しかし、パネルの表面はガラスで出来ているので、案外すぐに落雪し、発電は復活するのです!よって、山陰地方であっても発電量の心配はいりません。

ただし、雪の多い地方には、その地方にあった太陽光発電システムや施工方法がありますので、そういった点は注意が必要です。

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る