(有)ナイスさんいん

鳥取県米子市を拠点とした住宅リフォーム会社です。リフォームのことやリフォーム業界の裏話のコラム、施工事例も豊富に掲載しています。リフォームに失敗しないためにお役立て下さい。

太陽光パネルは、 早い話が「乾電池」なのです。

投稿日:2012/10/03 更新日:

太陽光パネルは、早い話が「乾電池」なのです。
小さく囲まれた四角のひとつひとつが、+と-の乾電池がびっしり並んでいる状態です。
太陽光パネル乾電池

その、パネルに太陽の光があたると、電気が発生するのです。(発生の理論は、理科の先生に教えてもらってね!)
電池は、黒や赤のマンガン電池、ゴールド色のアルカリ電池、最近はニッケル水素電池なる性能のいい物もあります。
このように、太陽光パネルにも様々な種類があります。

太陽光パネルに使われている代表的な電池の種類>

太陽光パネルに使われている代表的な電池の種類

①アモルファス-電卓につかってあるのが、アモルファス太陽電池。蛍光灯の微弱な光でも発電します。
②化合物系-これからの進化が期待できます。
③シリコン結晶系-大半のメーカーが採用しています。
シリコン系には二種類あって、A多結晶タイプ、B単結晶タイプと、大きく分けるとこのようになります。

上から下へ順番に、発電効率が良くなってきます。そして、値段も高くなっていきます。
アパートや牛舎のように、で~~~っかい屋根であれば、安くてたくさん載せた方がいいのですが・・・。

 

寄せ棟の屋根

寄せ棟の屋根

最近の住宅は、写真ような寄せ棟の屋根も多く、搭載するのが大変困難な事が多いのです。(基本パネルは長方形)
あるメーカーでは(美観はいいのですが)、この写真のように三角形のパネルもありますが、効率の割には、値段が高い事がネックになるようです。さてさて、営業マンが提案してきた機種は?どれですか??

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

-太陽光発電の裏話

Copyright© (有)ナイスさんいん ☆ 2002-2017 All Rights Reserved.