足場を組まない施工業者は断るべき!

鳥取県境港市の現場です。安全と作業性向上のために、当社では広ーい足場を組みます。

足場を組んでいる現場

足場を組んでいる現場

現場によっては、お隣さんが近いところもあります。足場がないと、人が落ちてケガをするかもしれませんし、部品や工具が誤って落下したり、落下した部品や工具によって隣りの駐車中の車にキズ!なんて事故も起こりかねません。こうした事故を未然に防ぐのが足場なのです。

足場は、太陽光発電の工事には絶対に必要なアイテムです!この足場を、「ムダだから!」とか「安くなるから!」と言って、組み立てない業者が多くあります。 軒先での作業は、とても不安定ですから絶対に足場が必要です。

足場がないと「落ちるかもしれない・・・」という不安を抱えたままの作業となり、力をいれたり身体を大きく動かしたりすることもできません。危険な環境なのだから、作業を手抜きされるかもしれません。

太陽光発電の施工をお願いする時は、必ず、その会社の施工事例を見せてもらって下さい。もし、現在施工中の現場や施工予定の現場があれば、現地に行ってでも確認しましょう。すぐに見れる現場がないのなら(施工数を営業トークに使う会社なら現場はあるはずですけどね)、施工現場の写真を忘れずに見せてもらって下さい。

太陽光発電は、屋根の上に取り付けます。取り付けた後に、確認することもままならない場所です。長く安心して使うためにも、その会社の取り組み方や施工の仕方を確認し、足場を組まない施工業者は、絶対にお断りしましょう!何かあってから後悔したのでは遅いのです。

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
太陽光発電を良く知る読本

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る