屋根の上に登って確かめることが簡単でないからこそ・・・。

太陽光発電の工事は晴れ間が基本です。
前日まで雨が降っていたり朝露が残っていたりすると、とても危険です。
そんな時には、綺麗に屋根を拭いてからの作業を行います。
万一、滑っても安全な足場が組んであります。

太陽光発電の現場

太陽光発電の現場

地面での作業として、小さなネジやボルトを組み付けます。
メーカーさんはケチ?だから(笑)、余分なネジ・ボルトは入っていません。
細かな作業は、地面で行うのが基本です。

作業現場

作業現場

屋根の上では、大胆にも屋根に直接穴を開けてネジをたくさん打つので、位置をしっかりと決めなければなりません。
天井裏に入って、垂木(たるき)の位置を計算して知らせます。
下↓の写真は別の現場の画像ですが、当社ではメーカーの標準金具よりも数ランク上の金具を使います。

太陽光発電の現場

太陽光発電の現場

そうすることで、積雪にも風災害にも強い取付が出来るからです。
普通は合板に向け直接ビスを打つのですが、当社では天井裏に入り、垂木の位置まで計算して割り付けます。

太陽光発電の現場

太陽光発電の現場

屋根の上に登って確かめるお客様は、そうそういません。お客様の目が届かない場所だからと、安く施工するために手間を惜しむ業者もあり、そうした結果、後で問題がでてきていることが社会問題化しつつあります。

見えないところだから、当社ではしつこいぐらいの念を入れて施工します。
30年、40年と持続が可能な太陽光ですから、丁寧な施工が求められます。

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る