枌(こわ葺き)の屋根下地は10年保証の対象外です。

晩秋から初冬にかけての山陰地方は、天気の定まらない季節です。日替わりで天候が変化しますので、私たち業者は日々空を眺めて祈るような気持ちでいます。(T人T)僅かに晴れたこんな日は、積もり積もった「太陽光発電」の取付です!

きちんと足場を組まない現場もあるようですが、当社では、大きな大きなステージを組みます。安全な作業するのには欠かせない大きさですね!

太陽光発電の現場

太陽光発電の現場

枌(こわ葺き)の屋根下地は10年保証の対象外です。
これを丁寧に剥ぎ取ります。

枌(こわ葺き)の屋根

枌(こわ葺き)の屋根

下地は、合板に貼り替えます。(このままで施工する業者が多いようですが・・)
ここの屋根には28mmの構造用合板を採用しました。
フレームを取り付ける下地は、アルミで出来た瓦と同じ大きさのものです。

太陽光発電の現場

太陽光発電の現場

これで下地の完了です!
太陽光発電システムは、重量もあります。
屋根の下地をきちんと行っていないと、後々、色々な問題がでてきますからね!

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

関連記事

お気軽にお問合せ下さい!

相談無料
お問合せ

最新記事

  1. 2017/1/4

    謹賀新年
古民家プロ

カテゴリー

社長ブログ

矢田(社長)
RSS Feed Widget

スタッフブログ

RSS Feed Widget

スタッフ

当社スタッフです。スタッフ紹介をご覧下さい。
矢田(社長)矢田です。引野です。山田です。栗本です。三原です。納田です。岩﨑です。
ページ上部へ戻る