ベッドが壊れたのですが・・・

投稿日:2009/11/05 更新日:

高校生の男の子がいる米子市河岡の「K様」から、「窓を開けようとベッドに立ったらボキン!と壊れました・・そんな小さな事でもやってもらえますか?」とお電話がありました。
「全然平気です!」「いくらでも修理しますよ!」

行ってみると、確かに・・これじゃあ使えませんね!(真ん中あたりに縦に伸びるひび割れ)
ベッドの修復

早速、頃合いの木材を捜し、大工さんに加工してもらいました。加工するには半日近くはかかります。そして、塗装屋さんにクリア塗装をかけてもらいます。下地を塗って、乾いてから仕上げのつや出しで、やはり半日はかかります。
ベッドの修復

できあがりました!
節のないきれいな素材で出来上がり、早速お届けです!!

おいくらですか?
「3,000円です」
えっ?
「いや、三千円なんですが・・」

確かに、職人さんの日当が¥20,000とすると、半日で一万円になります。また、私が行ったり来たりすることで発生するガソリン代や時間あたりの賃金を換算すると・・・はっきり言って儲かりません。職人さんの半日×2名分+材料代と私の費用=2万円以上も出せば新品のベッドが購入できますよね!

私どもでは困っておられるお客様には臨機応変なお付き合いをさせて戴いております。(だからいつまでたっても儲からないんですね(笑))どんな小さな事でも「お気軽に」声をかけてくださいね!

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-ちょっと変わった修理依頼

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.