床下に雪!?

投稿日:2010/02/06 更新日:

戦国時代、尼子氏の居城、月山「富田城」のふもと。。
子育て真っ最中の若いご夫婦が住まいしようと、離れの和室を洋室に替えて欲しいとのご要望でした。

「ここは以前牛小屋だったので湿気が多いし寒いんです・・・」と。
確かに天井は低いし、ズ~んと寒さが感じられる。部屋に入った瞬間、違和感を感じ、「ちょっと床下を覗いて見ましょうか?」と言うことで・・・。床板をはぐってみると・・・そこには???

「えっ!?床下に雪が??」

ちがいます!犯人は「カビ」でした。
牛小屋の境目になっていた壁の基礎が「荒島石」でした。(以前リフォームした人が撤去していれば良かったのに・・)

荒島石とは、安来市の西の外れにあり、9号線を挟んだ町並みは古く、その町で産出される加工がしやすい柔らかな石です。特に、住宅の基礎や土蔵の壁などに利用されていました。

床板を全部撤去してみると「荒島石」を並べて基礎にしてありました。
荒島石の基礎

石全体がカビてその「荒島石」にカビがふわふわと、まるで綿菓子のような感じでまとわりついていました。石全体がカビているのが分かりますね!通気口が取ってなかったので、床下の換気が充分でなかったのです。湿気が多いと冬場は余計に寒さが感じられます。

今回は地震に際しての影響を考えて、必要最小限撤去することに。そして、外部には通気用の穴を開けることにしました。もちろん、昆虫などが入らないように防虫網が内蔵されたグリルを取り付けます。床下からは湿気が上がらないように、防水コンクリートを打ちます。

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-現場で出くわした話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.