義母と同居リフォーム

投稿日:2009/02/13 更新日:

1年中で一番寒い「大寒」のころホームページに1通のメールが届いた。
「義母と同居するためのリフォームを・・・ペットもたくさんですが・・・」と。お客様のご都合を聞いて、早速お伺いすることにした。

「こんにちわ!ナイスさんいんです!」「ん・なんじゃこのニオイは・・」

玄関を開けた途端、ペットのニ・オ・イが。にゃんこ5人?わんこ2人?の大家族??だったのです。いろいろと、1時間ほどお話を伺いました。おばあちゃんと同居したい、しかし、ペットも大切・・・ペットと、おばあちゃん同居のリフォーム作戦が始まります!

80歳代の元気なおばあちゃんと同居を考える、数少ない30歳代前半の若夫婦からの依頼です。
以前にも書いたが、核家族で、育児の方法も分からない家庭、子供達から離れて暮らす老人の孤独死。一人暮らし老人の「孤独死」が東京都だけで、1年間1600人以上もあったらしい(2001年)

この時代にあって出来そうで数少ない、とても立派なお考えに発憤しました。2世帯3世帯リフォームのマエストロ『ナイスさんいん』の登場です(笑)(↑どこかのTV番組の影響)

4本足の動物は元来、自然の中で育っていたはず。お座敷に上げることは、本当にペットが願っていることなのか?疑問がでてきました。でも、愛するペットは放したくありません。おばあちゃんも大切!

「わんこ」のためのエクステリアスペースと、「にゃんこ」のためのキャットウオーク、おばあちゃんのための日だまりスペース、そして、若夫婦にこれから生まれてくるであろう新しい命に「わがままスペース」を考えることです。部屋を作るのは簡単です。

「ニオイ」対策。新しい命への「アレルギー」対策。ペットたちとの共存の場等々。この先数年間のW様のご家庭環境を考えながら、マエストロは悩んでいるのです。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-現場で出くわした話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.