銅板の過信編2

投稿日:2013/01/31 更新日:

先日から屋根瓦の取替えをしています。
瓦は約40年くらい前のもので、まだ充分使える物ですが、自宅の周囲の瓦を数年前に取り替えておられ、バランスを取りたいとの考えから、工事を始めました。

三角屋根の平屋横には、2階付の建物がありどうしても、谷間ができます。そこに、雨が入らないよう金属の板(銅板)を取り付けて工事をすることが一般的・・・数十年前から、常識でした。

しかし、瓦はぐりをすると銅の板に穴が???
銅の板に穴
中央と両側には、数年間雨が流れたキレイな跡が残っています。しかし、数箇所に穴が?瓦か何か、接触期間が長くなっていた部分は、銅板に穴を空けてしまったようです。(ビックリ!)

裏側
銅の板に穴

数年前から、大気汚染により酸性雨が降っていることは聞いていたのですが、目の前で現実をみてしまいショックでした。常識が通用しないのです!

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-あなたの家もひょっとして?

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.