床暖房の悲劇

投稿日:2009/02/13 更新日:

事例1

米子市郊外の新築物件です。
○○組の施工で床暖房を設置された床下です。
床下配管

ベタ基礎で施工された床下です、床配管の奥が濡れているのがわかりますか?(光っています)
床下配管

結露した湿気が土間に溜まっています、基礎パッキン工法では湿気が出て行かないのか?基礎の立ち上がりも濡れている状態が確認できます。

事例2

配管に付着した水滴。目をこらしてみると白く見える断熱材に結露したシミが見えます。
床下配管

床暖房と断熱材の隙間に結露した結果です。目に見えない湿気はどんな小さな隙間でも入り込みます、障子紙でも、襖紙でも通り抜けます。発泡系の断熱材そのもの通過しませんが継ぎ目や木材とのわずかな隙間、床板との隙間に結露が発生します。

基礎パッキンはどこのメーカーでも通常の換気孔より2、3倍の効果があると書かれています。写真を見る限りでは本当に効果があるのか疑問ですね!

とても快適な床暖房ですが・・・使えば使うほど床下の環境が悪くなりますので、私たち「ナイスさんいん」では床暖房が不要でランニングコストがかからない床材をお薦めしています。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-あなたの家もひょっとして?

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.