畳の下はどうなってる?

投稿日:2013/08/29 更新日:

このたびの現場は「畳がぶかぶかして困ってます」と。。
畳を剥いでみると・・・うっ!!くさいっ!!
畳の下
カビだらけでした。。

さらに床板を剥ぐと・・・
カビだらけの畳の下
雪が降っているの?と思うほど白くなっています。これはカビなんです。

昔の建て方なので、床下が20cmほどしかありません。このような現場には、床下の環境を整えるためにも、特許を取った「調湿木炭」を敷き込みます。これで、このカビも消え、ニオイも二週間ほどで無くなります。

床下の調湿木炭には、さまざまな種類があります。
たとえば竹を焼いて作った「竹炭」。これは、竹炭にカビが生えることもあります。
産業廃棄物を焼いて作った「再生木炭」は安いのですが、カレー事件で話題になった「残留ヒ素」が、人体に影響を及ぼすことも考えられるので当社ではいっさい使いません。

健康に配慮しながら適切な商品をご提供しています。畳のぶかぶかが気になったら、お気軽にご相談下さい。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-あなたの家もひょっとして?

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.