床下が・・・

投稿日:2009/02/14 更新日:

安来市のA様宅で、床板がバネのようにたわむ・・と言われ、撤去してみました。

床板を支える根太(ねだ)45mm×45mmの寸法が届かず継いでありました。そのため、壁際はクッションのようにへこむ状態ででした。
床板リフォーム

そのうえ、根太を支える大引きの間隔が通常(約90cm)より広く135cmありました。
そのために床板が、ぶよん・ぶよーん!
床板リフォーム

さらに極めつけ!
2階廊下の床板です。1階天井裏にある梁が短く、天秤となり床板を突き上げていました。どうして端の柱まで梁を延ばさなかったのでしょう?通常根太の大きさは45mm×51mmから60mm×60mmを使用します。

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-業者として言いたくない話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.