床下に潜るのも、大事な確認作業です。

投稿日:2011/02/02 更新日:

中古住宅+リフォーム現場の床下へ潜りました。
今回は、築40年以上は経過していると思われる床下へ。

床下にはさまざまなモノがあふれています。そして、とてもカビ臭いのです。。
畳は湿気で少し変色していました。さて・・・床下へはいると。。。

ヘビの抜け殻を発見!(笑)この家では3匹の抜け殻がありました。
床下

洗面台の配管が錆びています。
床下の配管

シロアリの通路である「蟻道」です。消毒がされていたので棲息していません。
蟻道

地面や石、そして「大引(柱ほどの角材)」など、白くなっているのはカビです。
築40年の床下

この程度なら、床下へ「調湿カーボン」を敷設することで、環境が(半永久的に)最適となります。(廃棄物利用の調湿炭は危険です!)

当社では、安心して長く住んでいただくために、こうした床下調査も欠かせない「最低限」の確認作業として行っておりますが、中古住宅をリフォームして販売している不動産屋さんや建築業者さんがここまでやっているかはギモンです。。

事実。先月中古住宅リフォームした不動産屋さんの物件では、シロアリ駆除証明書があるのにも拘わらず、防除してないと思われる床の間付近から、解体してみたらシロアリが出てきました。

ご自身で床下に潜るのは大変でしょうが、リフォーム等を依頼される時は、きちんと床下まで確認してくれる業者を選んで頂きたいと思います。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-業者として言いたくない話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.