信じられない!アンビリーバボー編

投稿日:2009/02/14 更新日:

米子市内での出来事です。
キッチンの取替えで4.5畳の和室を取り込んでワンルームのダイニングキッチンをご要望でした。天井に手が届くほどの構造です。畳の上を歩くとどうしても平衡感覚がおかしい!

調べると、わずか3mの長さで2cmも水平が悪く、外部が下がっている。
なんじゃこりゃ!外に出てみると外壁はひどいクラックが縦横無尽に入ってます。

下の写真が外壁撤去後の状態です(上と同位置)
クラックから漏れた水での白蟻被害

重要な通し柱も白蟻被害です。クラックから漏れた水での白蟻被害。前の業者が1階だったところに2階を載せる形で増築をしていました。構造を確認もしないで・・・。

なんと1階の基礎はブロックでの簡単な構造で作ってありました。しかも、撤去してみると鉄筋も入っていなかったのです。

その上に2階部分を載せることは、業者として信じられない行為です。
クラックから漏れた水は柱から土台を腐らせ、ちょっとの地震でも崩壊する状態でした。2階の重さで基礎が下がり、外壁が割れ水漏れにより木材が腐食し白蟻の発生へと被害が広がりました。1階部分の桁(けた)に柱と同じ寸法の横材を載せ2階を増築したのです。クラックから漏れた水は桁の2/3を白蟻に蝕ばまれ、構造材としての耐久力は無くなっていました。

施工した業者を暴露してやりたいほどの衝撃を覚えました。お客様に知識がないことをいいことに、やりたい放題!そんな業者が米子にもいるのです。

リフォームの予算だけを優先されるとこのようなことになる可能性も秘めています。安い金額で出来る業者、値引きをたくさんする業者には特に注意をする必要がありますね!何故安いのか?なぜそんなに値引きができるのか?時には考えてみて下さい。

私たちは構造を考えながら、耐震対策も考えながら、安心・快適な住まい創りで工事を進めて参ります。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-見てはいけなかった前の業者の仕事ぶり

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.