ガラス瓦の採光・・・ガラス瓦の施工不良編

投稿日:2009/07/22 更新日:

米子市のS様宅から、大手建材メーカーのフランチャイズである黄色いキャラクターでおなじみのリフォームショップに数年前改装を依頼されました。「雨漏りがするので見て欲しい」とメンテを依頼するも、「一度も見に来てくれない!」と私どもに相談がありました。

明かりの採れない部屋には、天窓の採光が大きな役目を果たします。しかし、標準施工方法で施工してなかったため、雨漏りが発生しました。原因を追及してみると・・・なんと、明らかに手抜き工事がしてあったのです。

メーカーの指導要領には別売のポリカーボネイトを使った下地ユニットを使うように記載してありますが、こちらの現場では使用してありません!

このようなスキマから逆水が入ります。

屋根タルキや瓦桟がすでに腐食しています。
屋根タルキが腐食

私たちはこのようなことが起きないように防水性能を高めた、自然の光を採り込める「太陽光照明」をお届けしています。

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-見てはいけなかった前の業者の仕事ぶり

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.