哀れな筋交い

投稿日:2009/02/14 更新日:

米子市S様での出来事。和室を洋室に変えるため壁を撤去しました。

地震など揺れに対して不可欠な「筋交い」は、柱や土台へ『確実』に止めなければいけません。しかし、現場では柱はもとより、土台へも止めてありませんでした。(これでは止めようがありませんね)

気が引けたのか、柱の脇に間柱状の材木をたて、それに止めてあったのです。まったく筋交いの役目を果たしていません。
筋交い

最近では下の写真のように、金物で止めるように義務化されています。
筋交い

あなたの家ではこのような金物が使用してありますか?そして、必要な本数の釘やねじで止めてありますか?

この内容は、メーカや工事業者を指摘するためのものではありません。リフォームの失敗をされないように、お客様の知識を高めて頂くための情報です。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-見てはいけなかった前の業者の仕事ぶり

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.