歴史的建造物修復

投稿日:2009/02/18 更新日:

M様宅門
城下町米子の加茂川周辺には重要文化財「後藤家」をはじめ、たくさんの歴史的建造物が残っています。私たちは、歴史の証人である重要な建築物を後世に伝えるため、当時の工法を再現し保存につとめています。

寺町に近いこの「M様」の門を修復するため匠のワザで再現しました。この地域は、米子市の景観条例の制約があり勝手な撤去や手を加えることは許可が必要です。

潜り戸は無く漆喰壁は無惨にも崩れ果て危険状態の門でした。控え柱の足下は腐食し傾いています。

リフォーム前

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後

側道との間は危険なためトタンで囲いがしてありました。(写真の丸太部分)潜り戸付近の漆喰壁は脱落しています。

リフォーム前

リフォーム前

控え柱の足下を切断、御影石で強固に固定。瓦の重さに耐えられない屋根は波トタンになり、このたび石州瓦に葺き替えました。母屋の漆喰と合わせるため、塀の漆喰は黒ベンガラを混ぜ、既存の風合いと合わせることにしました。

もちろん潜り戸は杉板を使用し、昔からの「猿(さる)」締まりです。猿締まり=(横桟をスライドさせて戸締まりをします)屋根瓦は通常の60%くらいの大きさの100枚判を使用しています。門の水平は悪く、左右(約2m)で3cmの誤差があり修復しました。

リフォーム後

リフォーム後

腰板の汚れを落とし、塗装をし直した写真です。

リフォーム前

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後

塀の腰板にはナグリ加工が施され技術の繊細さが随所に見られました。

ナグリ加工

ナグリ加工

塀の屋根部分は雨漏れから全体が腐食し、新しく柱から取り替えました。壁土は脱落し、トタンで囲ってありました。屋根板を撤去すると「国光」と書いてあるリンゴ箱を利用してありました。昔の人は『もったいない!』を実践していたんですね。

リフォーム前

リフォーム前

このたびの修復には米子市からの立ち会いもあり、みごと1回で承認を戴きました。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-エクステリア
-

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.