古民家でのオール電化リフォーム

投稿日:2010/11/25 更新日:

道路の境界線いっぱいに建物が建っています。時には車が飛び込んできたこともあったとか。(トタンの色が違っている部分に・・)

リフォーム前

リフォーム前

わずかな敷地スペースを利用して、エコキュートの設置をします。もちろん、台座のコンクリートは鉄筋を入れて補強してあります。

リフォーム後

リフォーム後

「モノ」が増え、窓側に食器棚が占領。食堂だったところはやがて物置に「へんし~ん!」奥側へ台所の増築を余儀なくされたものの・・・。屋根が低いので、天井も低くなり、そこには段差が!

リフォーム前

リフォーム前

天井部は屋根の形状が現れています。西側に小さな窓がありますが隣家が接しているので、すぐに暗くなります。

リフォーム前

リフォーム前

冬になると畳の部屋で「お鍋」を囲みます。何度も段差をクリアして・・・。若い内はいいのですが、次第に歳を重ねていくと、不安が重なりますよね。

リフォーム前

リフォーム前

食堂で座る人とキッチンで作る人の「目線」が同じくなるように、食堂‐キッチンの段差を半分に縮めました。物置になっていた食堂は「水屋」を撤去して、掃出しの窓を取付けたので明るすぎるくらい(笑)建具も既存のモノを再利用しています。

リフォーム後

リフォーム後

処分した水屋に入っていた食器類はキッチン背面と、カウンター下、そして左の収納へ全て収まる「たっぷり収納」が自慢です。家電もたっぷり!収まります。カウンター下はミドルユニットを現場で加工する特殊仕様としました。

リフォーム後

リフォーム後

たくさんの収納が出来て、家電品の置き場も確保!穴が開いているように見える部分は分別ゴミ置き場。もちろん、ドイツ製のMiele(ミーレ)食器洗い機を内蔵!大家族になっても食器がたっぷり洗えます。

リフォーム後

リフォーム後

感謝のお便りも頂戴しました。

お客様の声

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-キッチンリフォーム, 電化リフォーム
-,

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.