床下湿気対策 事例

投稿日:2010/08/20 更新日:

約50年前に建築された住宅の床下は?
ご存知の人も多いと思いますが、土の上に石が置かれ、その上に束と呼ばれる丸(又は、角)の材木が真っすぐ立てられ床が出来ています。

 

この住宅は、西部地震を経験しているにも拘わらず、束の位置が安定しています。昔の住宅は、床下の高さは高く、風の通りもまずまず。そのため床下の材木の状態はしっかりしています。

築17年の床下湿気対策は、床下換気口があるにも拘わらず部屋を仕切るための基礎が、空気の通り道をふさぎぎみで起きたカビのようです。赤丸は、浴室横、水屋の床下のカビです。

建築の基準法で一定間隔に1ヶ所取り付けることになっていますが、今回の場合は、換気口同士の間に床下の基礎(2ヶ所)があり、換気が出来ていません。一つ気になった事は、土が湿気を持って多少のオシメリがあることです。実際、この住宅の床下は道路より約10~15cm低く、多少の通気があっても湿気は残っており、カビの臭いがあります。

ここで、炭の登場です。下の写真は着火テストです。
炭のチップにライタ-で火をつけ火災が起きません。完全に燃焼した木炭ということです。

8畳和室のタタミ3枚を上げ、そこから炭袋 約2Kgを手作業で20坪の1階床下に敷き込みです。

炭の袋を敷詰めた状態。

さらに、床下の空気を動かす様に穴をあけ外の風を取り入れます。
床下の風が流れない部分を計算し、16cm程の穴をあけます。電気と水と機械で出来ます。

キレイにあいた穴は、風の通りもGoodです。
手をかざせば、すうすうとゆっくり風が流れます。

最後に、小動物進入予防のネットを固定し完了です!

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-建築カーボン, その他の事例
-

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.