古民家から取りだした『古材』を活用した玄関リフォーム

投稿日:2016/09/23 更新日:

昭和50年代に建てられた、市松模様の床板(フローリング)が印象的な玄関です。畳に換算して4枚分ほどの奥行きがあります。

玄関リフォーム前

正面の壁には、吊り戸が取り付けられています。窓は、膝のあたりまである大きなものです。通常の天井高さ(約2.4m)空間をちょっぴり利用すれば、広がりを感じる玄関が出来そうです。

そこで、築100年ほどの古民家から取りだした『古材』をアクセントに使い、築70年ほどの古民家から取りだした『縁側板』を、綺麗に磨いて腰板として利用して・・・

なんということでしょう~!古材が大変身です!

玄関リフォーム後

窓サッシは、少し小さめにしました。そこに「すだれブラインド」をかけて和風スタイルの中にシャンデリアです。いかがですか?

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-その他の事例

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.