アスベストを含んだスレート瓦を撤去するには難題が山積み

投稿日:2016/10/17 更新日:

30年ほど前に新築された現場。屋根にはアスベストを含んだスレート瓦です。

高い耐火性と断熱性により、様々な建築物に広く使われてきたアスベストですが、2006年から段階的に禁止となり、2011年に新たな石綿製品は日本では製造されないことになっています。

よって、2006年以前の建物には多くのアスベストを含んだものが使われており、これを撤去するには様々な難題が山積みです。現状の上に合板を貼り付け、「カバー工法」で金属屋根に葺き替えです。

20161017_1

「レ型」の雪止めを外し、合板を貼り、防水紙を万遍なく敷きつめます。軒先の始末もし直して、雨樋も仕上がりが違うので取り替えます。

20161017_2

こうして、出来るだけ廃棄物を減らすことで社会貢献にも繋がるものと考えています。この現場のように、2006年以前の建物を解体する時には注意が必要です。

アスベストが利用されている可能性のある箇所は、建物の築年数によっても様々ですが、代表的なところでは、屋根、外壁、内装材、配管の断熱材と様々なところで使われています。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-その他の事例

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.