古新聞素材で作られたセルロースファイバーで断熱

投稿日:2009/02/18 更新日:

大山町のK様から・・・うちの家はいくら暖房しても寒くて眠れませ?ん!と。調査に行くと・・・8畳の和室に押し入れがついたごく普通の増築物件。「安普請でしたから・・」とお客様は謙遜される。

そこで、古新聞紙ですっぽり断熱をしましょう!と提案した。。ん?新聞紙で?と不思議そう。。。

古新聞を繊維状に分解します。新聞はパルプ繊維からできています。この商品は、セルロースファイバーと呼びます。
セルロースファイバー

圧縮されたセルロスファイバーの梱包を開け機械でほぐします。

セルロスファイバーの梱包

セルロスファイバーの梱包

バキュームカーのホースみたいなもので送り出します。

送り出し中

送り出し中

さあ天井裏に吹き込み開始です。(ちょっとホコリが舞うので養生などの注意が必要です)梁丸太下部のスキマを上下の写真で比べて見て下さい。

敷き込み前

敷き込み前

厚さ20cm敷き込みます。屋根からの熱はカット!です。

セルロースファイバー敷き込み完了

敷き込み完了

壁には通気シートを貼り、中へ吹き込みます。材料にはホウ素が配合されているので、ゴキブリやシロアリ、小さな害虫やネズミまでも寄せ付けません。

湿気も含みにくいので、ずり落ちたりしません。木材の繊維なので調湿性と結露対策の断熱性能は他の断熱材より効果があります。(グラスウールなどより高価になります)

通気シート

通気シートを貼る

何カ所も穴を開けスキマなく材料を充填します。

穴から充填

穴から充填

勿論サッシのスキマも充填します。
サッシの隙間も充填
ホウ素は海水や土壌など、自然界に広く分布しており、環境にも優しいため、うがいや目を洗浄する時にも使用されますね!シロアリやゴキブリなどを寄せ付けません。(あなたの家でもホウ酸だんご使っていませんか?)

ホウ素を添加することで「難燃材料」として認定されています。古新聞の再利用というエコロジーな素材として脚光を浴びています!

断熱はもとより、湿気を吸ったり吐いたりする一年を通じての調湿機能もあるんです。化学物質を使わない、健康的な素材です。輸入品も含め多くの類似商品がある中で、当社では王子製紙グループの王子製紙「ダンパック」を採用しました。

お礼状を戴きました。

ありがとうございます!
お客様からのお礼状

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-その他の事例
-

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.