広縁が欲しい

投稿日:2009/02/18 更新日:

お客様が多いので応接間が欲しいんですが・・でも和風建築なので、縁側を広くすることが出来るのでしょうか?

リフォーム前

リフォーム前

正面奥の壁部分に注目してください。現在半間の広さを奥行き1間に広げました。縁側中央には屋根を支える柱があります。屋根は石州瓦です、重さを考慮しての改装です。

リフォーム前

リフォーム前

縁側のあちらこちらにはシロアリの被害が見受けられました。フローリングが汚れたのでカーペットが敷き詰めてあり、被害に気付くのが遅れたようです。
 

大切な柱を撤去したあとには、背丈30cmの鉄骨で補強し、屋根の重みを支えることにしました。両脇にある既存の柱に少しでも負担を掛けないように、支えの柱も添えてあります。鉄骨は結露しやすいので断熱もしっかりと考慮しました。

リフォーム中

リフォーム中

合板のフローリングはシミが出来て、何カ所も「たわみ」ができていました。

リフォーム前

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後

桧の無垢材で仕上げています。照明器具はもともとあったものを利用。外観の雰囲気を合わせるため、ランマ付きサッシのランマ部分を切り取って再利用しました。外観は以前と殆ど変わりません。

『もったいない』のでサッシも既存のものを加工して再利用です。将来「下駄付きの石」が設置できるよう犬走りのコンクリートは施工しませんでした。ちょっとした応接間気分で使用できますね。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-その他の事例
-

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.